新制度を上手に利用してリフォーム

2009年度税制改正で住宅の取得やリフォームに優遇策がスタート
省エネ、バリアフリーのリフォーム工事の際も減税が導入されました。

省エネ工事は居室の窓全部を改修、又、これと同時に行う断熱工事、
太陽光発電装置設置工事などが対象になります。

バリアフリー工事は、廊下の拡幅、室内の段差解消などが控除対象。

工事費用が30万円以上の要件があり、200万円を超える場合は200万円、
省エネ工事と太陽光発電装置を合わせて設置する場合は300万円まで控除対象。

控除率は10%でその年の所得税から控除されます。

これらの支援は2009年4月1日から2010年12月31日まで。

お問い合わせは国土交通省住宅局住宅総合整備課 TEL(03―5253―8506)